中和機工株式会社  AP無煙焼却炉 ▲トップ頁へ
↑製品情報 自動・手動 投入装置(施工導入例) ↑最新情報
   既設ご使用中の焼却炉の改正廃掃法への適合化設備工事
     平成14年対応:H13.3.26公布、H14.12.1施行
改正廃掃法の施行によりH14年11月末までに、現在ご使用中の焼却炉は、おおむねメーカーを問わず次の改造が必要になります。
 @密閉構造の投入装置の設備が必要となります。
   手動または自動での密閉構造で廃棄物を炉内に投入できる装置が義務ずけられます。

 A燃焼室で燃焼ガスが800℃以上の温度で燃焼することが義務ずけられます。
 B800℃以上の燃焼温度を維持するためのバーナー設備が必要です。
 C燃焼ガス温度を測定するための温度測定器の設備が必要になります。
   当社におきましては、下記の仕様で標準化し迅速、廉価で改造使用できるよう準備しております。
   また、他メーカーの焼却炉につきましても、何なりとご相談ください。

 @投入装置
    手動式:Fシリーズ用、CXシリーズ用、APシリーズ用(下図参照)
    自動式:CXシリーズ用
 Aバーナー設備
    バーナー、トロコイドポンプ、オイルタンク
 B温度測定表示記録
    熱電対、温度表示計、または温度表示記録計、補償導線
 C計装設備
    温度調節器、感震器、投入扉開閉制御
CX−45型手動投入装置

F−1型手動投入装置



Copyright (C) 2010 CHUWA KIKOU CORPORATION. All Right Reserved.