中和機工株式会社 AP無煙焼却炉
↑製品情報 CHUWASTARの構造と原理 ▲トップ頁へ
  各部の名称

@水冷ジャケット

Aエアーパイプ

  エアーノズル

Bキャスタブル壁

C蓄熱式チェッカー壁

D三次燃焼室

Eサイクロン集塵装置

Fエジェクター装置

G熱電対

H温度記録計

I感震装置

J温度調節器

Kバーナー設備

L高圧ターボファン
zu kozo
  各部の原理
高品質アルマー加工
煙突等のダクト類やサイクロン集塵装置の鋼板は全てアルミニユーム溶融メッキしたアルマー加工仕上げ。痛みやすい部分を、高熱による損傷、酸化・腐食から防止しています。





アルマー加工→











サイクロン集塵装置
全機種に標準装備した乾式の遠心力集塵装置で、煤塵をカット。マルチサイクロン、湿式スクラバー、乾式排ガス処理装置なども取り付け可能です。
マルチノズル燃焼方式
エアーサプライは無煙燃焼の生命線。特殊ノズルで炉内全域に、高圧、均等にエアーを供給します。補助燃料は一切使わず、炎の燃焼スピードがアップ。黒煙の発生しやすい廃プラ類も無煙焼却できます。
zu danmen
水冷ジャケット構造
焼却炉本体は、すべて水冷鋼板製の二重ジャケット構造。内部の水室が熱を抑えます。高発熱量の廃棄物で炉内の温度が高くなっても損傷せず、耐久性に優れています。投入口、灰出口のフレーム部にも水が循環します。
エアーサプライ系統の
冷却システム
※CHUWASTARには、空焚き防止の低水位異常制御装置、自動的に炉の運転を停止するタイマーなども装備されています。
Copyright (C) 2016 CHUWA KIKOU CORPORATION. All Right Reserved.